ピロリ菌の検査と除菌、費用はいくら?

 

胃痛で苦しむ女性

ずっと前から胃の痛みは気になっていたのですが、いつものようにキャベジンを2錠飲みさえすれば、あくる日には治っていました。

ところが、今回は治るどころではなく、慢性的に胃痛が続いて、夜眠ることもできなくなってしまったのです。

そして、胃の痛みで眠れなかった日が2日続いた後、覚悟を決めて病院へ行くことにしたのです。

 

私は医者通いはあまり好きじゃない・・と言うよりも、あの、胃カメラが嫌いなのです。

初めて胃カメラを経験したのは、もう8年ほど前ですが、気持ち悪いことと、辛い思いを経験したので、もう二度と経験したくなかったのですが、これほど胃痛が続くとなると、覚悟せざる負えなくなったということです。

 

そしてその、胃カメラ検査の結果、担当医は「ピロリ菌がいて、そのピロリ菌が原因で胃痛をもたらせている。」と言われたのです。

ということで・・・

今回のブログは、胃痛の原因であるピロリ菌の治療についての詳細と、ピロリ菌サプリの粒マヌカについてシェアしたいと思います。

 

ピロリ菌が原因で慢性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍になる

診察を受けている女性

胃カメラの検査の結果、私の場合は十二指腸潰瘍だと担当医から知らされました。

それでピロリ菌という言葉は、よく聞きますが、実際はどんなものか私は分からなかったのです。

そこで、 病院の会計の窓口付近に「ピロリ菌Q&A」という小冊子が置いてあったので、それを見ると理解することができました。

ピロリ菌小冊子

その冊子には、ピロリ菌ってどういった菌なのか?

から、除菌治療の方法まで書いてありました。

その中から1つ気になったのは・・・

 

ピロリ菌感染 → 感染胃炎 → 萎縮性胃炎 → 胃がん

この経路です。

「胃がんに発展するのか!」と少し驚いたのですが、 1994年WHO(世界保健機関)は、ピロリ菌は確実に発がん因子であることを認めています。

また、ネットで調べてみた結果、胃がんになる90%以上の人がピロリ菌感染者だそうです。

これって、 胃がんになる原因は、ほぼ、ピロリ菌の感染によるものだと言うことですね。

今になって思うのですが、 辛い胃カメラを経験しただけあって、メリットは大きいと実感出来ました。

ということで、実際私が胃痛から完治するまでの詳細を述べていきたいと思います。

これを見ていただくと、いくらぐらいの費用がかかって何日ぐらいで治ったと言うことがわかります。

 

診察を受けた後、エコー検査と胃カメラ検査をする。

私が胃の検査を受けたところは、消化器専門の病院です。

その日は、月曜日だったので、朝9時に病院へ電話して、症状を伝えたところ、食事をしてなければ、検査はできるので診察を受けに来てくださいとのことでした。

そうですね、胃カメラは前日の夜以降から空腹状態でなければ検査ができないです。

そして、病院に着いて、約1時間待たされて、診察を受け、その後、エコー(超音波検査)と胃カメラを受けました。

超音波内蔵検査

エコーは、お腹にゼリーを塗って身体に当てる装置(プローブ)を押し当てて検査するので、それほど厳しいものではありませんが、ゼリーの「ひや~」とする冷たさと、長時間色んな角度から押し当てられるので、もう終わりにして欲しいという気分になりますね。

そしていよいよ、胃カメラです。

 

胃カメラは鼻から、それとも口から、どちらを選ぶ?

鼻から挿入する胃カメラ

私は以前、口から胃カメラ検査を受けていたので、 今回は鼻からを選びました。

と言うのは、待合室の掲示板に、鼻からの方が苦痛感が少なく、スムーズだと記載されていたからです。

でも、結果的に、口からも鼻からも、どちらも同じですね。

管が食道を通って胃で撮影して、胃の組織を取ってくるので、体内に管を入れること自体苦痛です。

 

鼻からの胃カメラ体験

鼻から入れる内視鏡検査

今回の鼻から入れる胃カメラは、まず、鼻に麻酔クリームを塗って、短い管でテストします。

つまり、ある程度入れてみて管の通りぐあいを示すためのものです。

私の場合、左鼻は痛くて駄目だったので、右の鼻穴から入れました。

右の鼻は左よりも、比較的スムーズに入りましたが、心の準備をする暇もなく、グサっと入れられました。

でも、入ってしまったら、口からの胃カメラと同じように、それほど苦痛はありません。

ただ胃のどのぐらい深く入ってるかなど、感覚的にわかりますね。

そして、検査の時間はそれほど長いものではありませんでした。

私の十二指腸潰瘍画像 ↓

私の潰瘍

 

ただ、最初に鼻に入れるところが、ちょっと大変ですが、看護師さんが背中を撫ぜて頂いたので、かなりの苦痛を減らすことが出来ました。

私が検査を受けた病院の評判は分かりませんが、毎日、検査を行なっている病院なので、技術的には良いのではないかと思っています。

評判が良い病院ほど、受診するまで長く待たされますが、これは仕方ないことだと思っています。

胃カメラ検査の領収書

それで、検査のお値段ですが、7530円でした。

朝9時過ぎに病院へ着いて診察、そして検査を受けて終わったのが、13時ごろでした。

そしてその後、調剤薬局でお薬を処方して頂いて終了です。

 

ピロリ菌を除菌するお薬

ピロル菌除菌薬

 

ピロリ菌を除菌するお薬(ボノサップパック400)ですが、カプセルと錠剤が合計10粒入っていて、朝食後に5粒、夕食後にも5粒飲みます。

ちょっと薬の量が多いと思いますが、これも慣れですね。

それで、薬の内容ですが、抗生物質のカプセルが3粒、錠剤が1錠、そして、胃酸を抑える薬が1錠です。

この1日10粒のお薬を1週間飲みます。

そして1週間後に、病院へ行って診察を受けるということです。

薬代01

お薬の値段は、1週間分で2030円でした。

 

よって、ピロリ菌の検査とお薬を含めて、合計9560円になります。

私の場合、国民健康保険使用なので、3割負担でこの費用です。

 

ピロリ菌除菌後のお薬

ピロリ菌の薬5粒

 

胃カメラでの内視鏡検査を受けた後、まず、ピロリ菌の除菌をしますが、これは、先ほど述べたように、除菌薬を1週間飲みます。

そして、1週間後に、病院へ出向いて再度診察を受けます。

その診察内容は、副作用がないかなどの問診ですが、今後、35日間、2種類のお薬を飲むことになります。

その薬の内容は、胃酸の分泌を抑える作用がある薬と、胃の粘膜を保護し修復する薬です。

 

薬代領収書(診察込み)

 

診察料金は1030円でした。

そして、お薬の料金は1430円です。

したがって、ピロリ菌除菌後の治療費は合計、2460円になります。

これで終わりかと思ったのですが、35日後には 尿素呼気試験を行うとのことです。

この、尿素呼気試験というものは、診断薬を飲んで、呼気をバックに吹き入れてそれを検査すると言うものです。

この検査はピロル菌が存在するかの確認試験になります。

今の時点では、私はまだ、尿素呼気試験は行なっていませんが、35日後の試験で呼気試験で陰性と出れば完治したということになります。

 

ピロル菌を除菌して完治するまでの費用(3割負担)

  検査・診察料金 処方薬料金
胃カメラ内視鏡検査 7530円 2030円
診察 1030円 1430円
尿素呼気試験 3000円ぐらい   ?

 

胃カメラ検査からピロル菌の除菌、そして、胃の中を整える薬代、尿素呼気試験などすべて含めると、15000円を超えるぐらいの費用になります。

 

ピロリ菌除菌薬の成功率と副作用

副作用に注意を促している医者

ピロリ菌の除菌の薬は、抗生物質がほとんどですが、この抗生物質の副作用が考えられます。

私の場合は、軽い下痢だったので、副作用と言うほどではなかったのですが、 体調不良になって、抗生物質の飲むのを中止する場合があるそうです。

そして、私の担当医に副作用になる確率について質問したところ、30%ぐらいだと回答して頂いたのですが、これって、高い確率だと思いますよね。

私のように軽い下痢であれば、問題ありませんが、少し注意が必要ですね。

でも、 胃の中で自由に飛び回っているピロリ菌をやっつけるっていうことなので、かなり多くの抗生物質が必要だと思います。

よって、少しばかりの副作用があっても仕方ないと思うしかありませんね。

ピロリ菌とじんましん

じんましん症状でかゆい

ピロリ菌の除菌が終わり、体調が良くなったのですが、もう一つ気になっていたものが解消されました。

それは、じんましんです。

一昨年の暮れあたりから、痒くなり、じんましんが体中にできていたのです。

私は花粉症なので、 年齢とともにアレルギーが移っていったのだろうと思っていましたが、ピロリ菌の除菌をしてから、ピタッと解消したのです。

そして、このこともネットで調べた結果、ピロリ菌と湿疹やじんましんは大きく関わりあっていることが分かったのです。

ある調査では、ピロリ菌の除菌で、65~80%の人がじんましんが治ったと言う報告がありました。

さらに、ピロル菌は糖尿病に関係しているそうです。

米コロンビア大学のChristie Y. Jeon氏の研究結果では、ピロル菌を除去すると2型糖尿病の予防になると発表されています。

いずれにしても、ピロリ菌は胃の粘膜を傷つけたりしますが、そればかりではなく、毒素(アンモニア)を排出しているので、その毒素が体の抵抗力や免疫力にダメージを与えるのです。

これが、さまざまな病気の原因を作りだすということです。

 

ピロリ菌の検査はいいけれど、どこの病院が良いか分からない。
そこで、オンラインで申し込みが出来る健診の予約サイト「マーソ」(MRSO)がおすすめですね。
マーソは掲載医療施設数やプランの数などが豊富で、自分の住んでいるエリアや費用などをチェックしてから考えるといいと思います。

↓ 病院選びはこちらをクリック ↓

 

 

ピロリ菌による胃痛はサプリメントも有効

粒マヌカバナー

私が後で知った事なんですが、ピロリ菌を除去するサプリメントが売られていますね。

この情報は、私の友人から教えてもらったのですが、友人も私と同じ胃痛で悩んでいたようです。

でも、私の胃カメラの話を聞いてから、病院に行かず、サプリメントをお試していたということです。

友人の症状は私ほど、ひどくはなかったようなので、うまくいったようですね。

それで、どのようなサプリメントを飲んだのと聞くと、 薬院オーガニックの粒マヌカと言っていました。

私がこのサプリのことを、もっと前に知っていたら、辛い検査を受けなくて良かったような気がします。

そこで、この、薬院オーガニックの粒マヌカについて調べてみました。

 

薬院オーガニック 粒マヌカ

菌の増殖試験グラフ

まず、薬院オーガニックは、サプリメントやスキンケア商品を販売している会社です。

そして、薬院オーガニックと言えば、プロポリスが有名で、無添加(オーガニック)にこだわっている会社です。

それで、粒マヌカですが、 マヌカハニーと言って、ニュージーランドの限られた地域に咲くマヌカの花から摂った貴重なハチミツのことで、粒マヌカは、そのハチミツを抽出してサプリメントにしたものです。

では、この、マヌカハニーはどういう理由でピロル菌を除菌するのか?

ということですが・・・

マヌカハニーの抗菌力でピロル菌を除菌する

マヌカハニーの抗菌活性研究論文

 

マヌカハニーには、菌の増殖を抑える抗菌力が強力です。

この抗菌力で、ピロル菌を除菌するということですが、

イギリスの医療雑誌“Journal of the Royal Society of Medicine”の1994年の1月号Vol.87

にその根拠となる研究結果が記載されています。

マヌカハニーの抗菌活性に対するHelicobacter pyloriの感受性。

N al Somal、KE Coley、PC Molan、BM Hancock

JR Soc Med。 1994 Jan; 87(1):9-12。

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1294271/pdf/jrsocmed00089-0013.pdf

 

それによると、 マヌカハニーの濃度5%でピロリ菌を殺菌するとのことです。

そして、半分の2.5%の濃度でも局部的な殺菌効果が示されたと記載されています。

これは、驚くべき結果ですね。

そして、マヌカハニーは自然の抗生物質のような高い抗菌力をもっていますが、質が大きく関係してきます。

 

マヌカハニーのMGO400+とは

MGO400+の品質表

マヌカハニーには、メチルグリオキサール(Methylglyoxal)という物質をMGOと略していますが、MGOの後の数字が高いほど、抗菌力が強くなります。

つまり、高品質ということですね。

そこで、薬院オーガニック 粒マヌカは、MGO400+です。

この、400+というのは、マヌカハニー1kgに対して400以上のMGOが含まれているということです。

400以上のMGOが含まれてるということは、消化作用を助ける良好なMGO抗菌活性レベルで最高レベルのマヌカハニーだと言えます。

粒マヌカの3つのプラス成分の働きとは

粒マヌカには、マヌカハニーだけではなくラクトフェリンやエキナセア、そして、乳酸菌も配合されています。

ラクトフェリン

ラクトフェリンの抗菌力の説明

粒マヌカには、3つのプラス成分が含まれていますがその一つがラクトフェリンです。

ラクトフェリンは 母乳に含まれているタンパク質ですが、免疫機能を高める働きを持っています。

その免疫機能を高めるラクトフェリンですが、これもピロリ菌に対して除菌効果があります。

ラクトフェリンが、粒マヌカにプラス配合しているということは、マヌカハニーの持つ抗菌力と違った成分で菌に立ち向かうということです。

これが、相乗効果に期待出来るのです。

 

エキナセア

エキナセアのハーブの抗菌パワー

 

エキナセアは、きく科の多年草の植物で紫色の花を咲かすハーブです。

この、エキナセアですが、体の免疫力を高めてウイルスや細菌を撃退する働きをします。

よって、インフルエンザや風邪の症状に威力を発揮するということが知られていますね。

そして、エキナセアもマヌカハニーやラクトフェリンと同じように、 優れた抗菌力でピロリ菌を撃退するということです。

ヨーグルト10個分の乳酸菌

乳酸菌200億個

乳酸菌もピロリ菌の除去に良い働きをします。

と言っても乳酸菌はいろんなタイプのものがありますね。

粒マヌカには、生きたまま腸に到達する・・・つまり、胃酸で死滅しないラクトバチルスカゼイ菌が含まれています。

そして、量的には、ヨーグルト10個分の乳酸菌に相当します。

この乳酸菌の効果は、ピロリ菌を撃退するまではいかないと思いますが、 胃のダメージを回復させる働きがあるそうです。

つまり、 胃の粘膜の炎症を抑える働きが乳酸菌にはあるということです。

特に、カゼイ菌は、整腸作用に優れているのが特徴です。

粒マヌカを買うメリット

ピロリ菌検査キットプレゼントバナー

私の友人は、粒マヌカでピロリ菌を除去したと言うことですが、「粒マヌカのメリットって何?」ということを聞いてみました。

その答えは、ピロリ菌検査キットが付いているからだと言っていました。

ピロリ菌検査キット・・?

これは、自宅で尿を採取して、それを郵送して検査結果を得ることができるものです。

つまり、自分はピロリ菌をもっているのかがこれで分かりますね。

このピロリ菌検査キットが、薬院オーガニックの粒マヌカに付いているということですが、6ヶ月分の定期購入をすると、検査キットがプレゼントされるということです。

その、ピロリ菌検査キットは、検体郵送費から検査結果送付まで全て揃っているそうです。

ちなみに、 ピロル菌検査キットはamazonで4300円で売られていました。

ピロリ菌退治は、私のように病院で検査をして抗生物質を飲むのが一般的だと思いますが、私の友人のように、検査が嫌だから・・または、病院へ行く時間が無いなどの理由がある場合は、粒マヌカをためしてみるのも良いかもしれませんね。

また、マヌカハニーが瓶詰めにしてあるものも売っていますが、糖分が含まれているので、血糖値が気になる方にはサプリメントの粒マヌカの方がいいですね。

↓粒マヌカの購入はこちら↓

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ