グラシトールと糖ダウン 評判と比較

グラシトールと糖ダウンパッケージ植物性インスリンのピニトール配合のグラシトールと、ALAを主成分とした、糖ダウン・・評判はどっちがいいのか?

成分比較を含めて調査しました。

そして、調べてみると、今、血糖値対策になる、サプリメントは主に3つに分かれます。

まず、糖をブロックするタイプのサプリメントです。
次に、糖ダウンのような、糖をエネルギーに変えるタイプのもの・・

そして、植物インスリンタイプのグラシトールです。
これらのものがありますが、果たして自分はどれを選べば良いのか・・・?

迷ってしまうと思います。

診察を受ける健康診断や人間ドックで、血糖値の数値が、100mg/DLを超えているので、糖尿病予備群だと言われて、食事療法を行ない、運動もしなければ・・と、担当の医師からアドバイスされたのはいいけど・・

具体的にどのようにして、何から取り掛かれば良いのか・・・
よっぽど、厳密な計画を立てて実行しなければ・・続かない・・

そこで、食事療法と並行して、血糖値のサポートをするのが、グラシトールと糖ダウンなんです。

これらは、どちらも、評判が良いサプリメントなので、どっちを選んでも、安心出来ます。

でも、サプリメントは自分に合う・合わないがあるので、自分に合っていると思うものを選ぶ必要があります。

今回は、血糖値が気になる方へ、グラシトールと糖ダウンの違いや、どのような仕組みで糖を抑えるのかをレポートしました。

血糖値対策サプリメント

隠れ糖尿病の実態

血糖値対策としてのサプリメントの効果ですが、その前に、血糖値が高い事自体、知らない方が多くいらっしゃいます。

まず、血糖値が高いか低いかは、健康診断を受けなければ、分からないということです。

また、血液検査での糖の数値が高いことは知っていても、対策をしない方もおられますね。

これは、血糖値が高くても、自覚症状が無いからです。

例えば、胃が悪くなると、痛みが生じるので、すぐにでも対策をしますが、血糖値が高いと言う数値が記載された健康診断結果を見ていても、今すぐ対策すると言う方は少ないようです。

それから、血糖値を下げるには、生活を改善する、食事療法と運動が決め手だからです。

血糖値が高いので、ラーメンは食べないとか米類は控えるなど、自分の出来る範囲内での食事療法なので、結果的に効果が出ないことが多々あります。

そこで、グラシトールや糖ダウンなど、血糖値対策サプリメントを飲んで、安心したいと言うことですが、確かに、食生活の改善に等しいサプリメント効果は期待出来ます。

でも、運動も併せて行わなければ、早期の効果を発揮することは出来ないと思います。
お医者さんから血糖値が高いので、炭水化物などは控えて、食べる順番も工夫すること・・・そして、必ず、身体を動かす運動を出来るだけ毎日行ってくださいと言われます。

このお医者さんが言われることが基本なので、生活習慣の改善に向けて、血糖値対策サプリメントをうまく摂り入れることで大いに期待出来ます。

グラシトールと糖ダウンの働き方の違い

グラシトールのピニトール効果アグリ生活のグラシトールとSBIアラプロモの糖ダウンですが、違いは、グラシトールは、ピニトールという成分がインスリンの役目をして血糖値を穏やかにするという仕組みです。

つまり、ピニトールは植物性のインスリンということです。

糖ダウンは、必須アミノ酸のALA(5-アミノレブリン酸リン酸塩)を摂ることによって、細胞内のミトコンドリアの働きを助けて糖をエネルギーへと変換させる仕組みです。

これらどちらも、糖をエネルギーへと変換させるので、血糖値を下げる働きをサポートします。

それで、糖ダウンは、食事で得た糖質や脂肪などを材料として、細胞内のミトコンドリアの働きでエネルギーに変えていますが、そのミトコンドリア自体にALAが働きかけて、より活性化させるということです。

血糖値が高い原因は、ミトコンドリアの働きが低迷しているという原因なので、ALAを補給することで、ミトコンドリアのパワーをより、アップさせる効果を狙うことが出来ます。

糖ダウンのALAの効果そして、血糖値の高い方は、概ね、肥満の方が多いのは、細胞内のミトコンドリアの活動が低下しているということが原因なのです。

ミトコンドリアが働かないと、食事で得た脂肪や糖質は、細胞内で処理されない・・・つまり、中性脂肪となって蓄積されてしまいます。

これが、メタボリックシンドロームになるということです。
よって、糖ダウンを選ぶ方は、肥満が気になる方に適していると言うことです。

そして、グラシトールは、植物性インスリンなので、血管内でのブドウ糖を筋肉に運び出して、エネルギーに変えるという働きをします。

これは、GLUT4と言って、糖輸送担体を活性化させて、骨格筋のエネルギーとして、糖を摂り込む役目をします。

つまり、インスリン感受性を高める働きをするという事です。
これが、ピニトールの効果になります。

グラシトールと糖ダウン、それぞれ、働き方の違いはありますが、どちらも、優れた効果に期待出来ます。

出来れば、グラシトールも糖ダウンも、どちらも試してみたい気がします。
最後にまとめとして、グラシトールと糖ダウンの比較した表を作ってみました。

グラシトールと糖ダウンの比較

グラシトール 糖ダウン
成分効果 植物性インスリンのピニトール ALAの補給でミトコンドリアを活性化
飲む量 1日6粒 1日1カプセル
1日の摂取量 300mgのピニトール 15mgのALA
分類 健康食品 機能性表示食品
通常価格 4552円(税抜き) 4900円(税抜き)
定期購入 2ヶ月分 7840円(税抜き) 1ヶ月分 3870円(税抜き)

 

このように、グラシトールと糖ダウン・・これらの違いがありますが、どちらも、サプリメントなので最低3ヶ月は飲み続けることをおすすめします。

↓グラシトールの詳細はこちら↓


↓糖ダウンの詳細はこちら↓

↓よく読まれている糖関係記事はこちら↓

世界一受けたい授業 水素水とALA

糖尿病サプリは、グラシトール と サラシアプラス

メタバリアS 口コミ

糖尿病サプリのグラシトール効果とは

メタバリアS 効果

ピニトールで不妊症対策、それは血糖値

アグリ生活のグラシトールで血糖値対策

グラシトールの成分と副作用

血糖値を下げる グラシトールは植物性インスリン効果

グラシトール 効果をみる

グラシトール 口コミで評価あり!

グラシトール 楽天で販売していますが、最安値は?

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ