パウチ入り水素水、伊藤園から新発売!

伊藤園高濃度水素水 伊藤園も出しましたね、アルミパウチ仕様の水素水を・・

今まで、伊藤園の水素水は、アルミボトルだったので、ボトルの口の部分から水素が抜けてしまうと言う心配があり、これが、ネックとなっていたようです。

水素水は、水素が命なので、ボトルの口の部分から抜けるようでは、ただの水でしかないので、不評につながりますね。

でも、実際は、水素が本当に抜けるのかは、分かりませんね。

水素って、随分小さな気体なので、ペットボトルやアルミ缶に入れると、素材を通り抜けたり、飲み口のキャップの溝の隙間から抜けることがあると言われています。

それが、定説のようになってしまっているので、売れ行きに響くと言うことです。
そこで、伊藤園は、特殊なアルミ4層のパウチに水素水を充填して新しく発売したということです。

しかも、業界トップクラスの水素濃度、1.9ppm〜2.5ppmに高濃度にしたのです。

伊藤園のパウチ素材は水素を逃さない

大丈夫です!水素を逃がしません伊藤園の新しいパウチ仕様の高濃度水素水ですが、4層の材質の違ったアルミパウチを採用しています。
これは、他社とは違った、特殊容器になります。

他社と言えば、健康家族の仙寿の水や、浸みわたる水素水、サラスバ水素水などありますが、何れも4層のアルミパウチを使っています。

伊藤園も同じ、4層には変わりがありませんが、水素の抜けを考えて、より、完璧にしたようです。

と言うのは、水素水の水素の抜けは、時間が経てば経つほど抜けて行きます。

もちろん、キャップを開けなくても、4層のアルミパウチであっても、水素は抜けるそうです。

よって、賞味期限を明確に表示しているのです。

伊藤園のパウチの新しい高濃度水素水は、9ヶ月なので、随分長期保存が可能なります。
そして、更に飲み口にも工夫されています。

伊藤園が独自開発したスパウト

水素水の飲み口ロック

水素が抜けにくい専用パウチ容器も、他社には無い、一歩進んだ工夫が見られます。

それは、飲み口のキャップですが、飲み残しても水素の抜けを防ぐ、完全密閉のスパウト(口部)です。

これは、キャップを閉めると、ロックが掛かるという仕様のものです。
要するに、キャップとスパウトの溝から水素が抜けないように遮断するアルミが付いているのです。

これで、工場で充填された水素水は、完全密閉状態で出荷されるので、水素の抜けは、まず、考えられません。

今まで、1歩遅れ気味だった、伊藤園ですが、これらの専用パウチ容器で1歩も2歩もグレードアップしたと言うことです。

伊藤園は高濃度水素水、1.9ppm~2.5ppm

水素濃度も他社よりも大きく引き離しています。
それは、水素濃度が1.9ppm~2.5ppmを実現したことです。

この水素濃度は、製造充填時での数値ですが、この、濃度であれば、少々、在庫として、置いていても問題無い数値です。

他社では、1.6ppmが限度だったので、それよりも水素濃度を上げていることは優れているということになります。

これは、水素を水に充填する製法で水素自体を細かい気泡状態にして吹き込むことで、1.6ppm以上の高濃度になるのではないかと推測します。

水素が抜けにくい製法

その、水素を細かい気泡状態にすることで、水から水素が逃げにくくもなるのです。

これは、ナノバブルと言われている製法ですが、伊藤園の特許ということなので、ナノバブルでも違った工程があるのではないかと考えます。

とにかく、水素水は水素濃度が高いことと、容器の密閉性で決まります。
水素水は水素が逃げないことが基本なのです。

↓水素水の関連ブログ記事はこちら↓

アビストの「浸みわたる水素水」の評判

健康家族水素水は仙寿の水

仙寿の水が選ばれる5つの特徴

せんじゅの水 最安値は楽天?

せんじゅの水 口コミで購入

仙寿の水の評判

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ