カメヤマ酵母は「飲み方」で効果が決まる!

更新:2018年4月9日
亀山堂のカメヤマ酵母と女性

カメヤマ酵母は痩せないとか、太るなどのクレームじみた口コミを見たりしますが、どうなんでしょう?

私は、カメヤマ酵母を飲んでいますが、決して悪い商品では無いと思いますよ。

 

酵母のパワーがしっかりと働いてくれるので、ダイエット効果は抜群です。

そこで、どうしてこのような、ネガティブな口コミがネット上に存在するのか?

 

これについてじっくりと考えてみると、どうやら、飲み方や飲むタイミングに原因があるのでは?

と思うようになったのです。

 

よって、今回は、カメヤマ酵母の正しい飲み方についてシェアしたいと思います。

 

カメヤマ酵母の飲み方と味

カメヤマ酵母を飲んでいる女性

まず、最初にカメヤマ酵母の飲み方は、1袋をそのまま、口に含むか、お水で飲んでもいいと思います。

それで、私の感想を言わせて頂くと美味しいものではありません。

 

どちらかと言うと、味は良くないものです。

 

・・と私は感じましたが、味は人によって感じ方が違うので、美味しいと感じる方もいらっしゃると思います。

 

ただ、私は辛口のコメントかも知れませんが、カメヤマ酵母は不味いものだと判断しています。

また、見た目ですが、薄緑色で抹茶のような小さな粒状の粉です。

 

これが、カメヤマ酵母の持つ酵母パワーで、糖質を発酵分解するという仕組みと15種類のアミノ酸が入っていることで、脂肪を燃焼させる効果に期待出来るということです。

 

もし仮に、カメヤマ酵母は抹茶アイスのように美味しかったらいいですが、残念ながら、酵母なので、美味しいはずは無いと思います。

 

これは、粉薬と同じことですね。

まさに「良薬は口に苦し」です。

 

それで、カメヤマ酵母は美味しくないから飲むのを辞めたという人がおられるようですが、それは仕方ないことだと思います。

人、それぞれ自分の判断で、ものごとを決めているからなので・・

 

私は、絶食してつらい不健康なダイエットをしてリバウンドで、もとの体型に戻るよりも、食べながら健康的なダイエット、そして、腸内環境を良くしたいと思うなら、味の不味さぐらいは我慢出来ると思います。

 

飲んだ後はどう?

ゲップを出す女性

私の場合ですが、カメヤマ酵母を飲んだ後はゲップが出たり、おならが出ます。

これも、クレームに近い感想ですが、酵母が糖分解する時におこることだそうです。

これは、腸内で糖を酵母が発酵・分解させるということを想像すれば分かりますよね。

 

 

それよりも、私は驚いたことは、カメヤマ酵母を飲みだしてから全く間食をしなくなったことです。

というより、お腹が空かないですね。

 

そして、もう一つですが、頑固な便秘が、しだいに改善されてきたことです。

 

カメヤマ酵母を飲む前までは、酵母を補っても、そううまく痩せたり便秘が治るとは思わなかったのですが、実際飲んでみると、もっと早く決断して飲んでいたらと悔やんでいます。

 

カメヤマ酵母の飲むタイミングは?

カメヤマ酵母を飲まなきゃと考えている女性

カメヤマ酵母を最大限に効果を引き上げる飲み方は食後です。

その食後ですが、15分以内がベストです。

 

これを無視した飲み方をしていると、あまり効果に期待出来ないようです。

それだけ、酵母は飲み方や飲むタイミングが重要なんですね。

 

酵母を使って糖を吸収する酵母ダイエットは他社の商品も同じだと考える方がいらっしゃいますが、カメヤマ酵母は食後にきちっと飲むことがもっとも効果を発揮してくれるベストタイミングなのです。

 

繰り返しますが、酵母は食前の方が良いと書かれているブログ記事などを見かけたりしますが、カメヤマ酵母は食後です。

 

ではなぜ、ということですが、食事をした直後の胃の中は、消化作用が働きだす時です。

 

そして、腸に移動しますが、その時に、カメヤマ酵母を飲むと腸内で糖の分解をさせるベストタイミングになるからです。

 

 

また、食後の胃酸の働きは食物を中和させる・・・つまり、中性に近づけるので、カメヤマ酵母は、より、活動しやすくなるんですね。

 

 

その理由は、酵母菌などの微生物は、中性から弱アルカリ性・・・つまり、pH7~8が最も活動に適した環境だからです。

 

もし、食前にカメヤマ酵母を飲むとすると、タイミングがズレるので、あまり効果が発揮しないと言われています。

 

それは、空腹状態の消化器官へ先に到達してしまうからです。

なので、他の酵母サプリとは違いがあるということです。

 

参考資料:微生物制御実用辞典 フジ・テクノシステム

 

酵母菌を100%働かせるために水分補給をする

水分補給する女性

カメヤマ酵母の飲むタイミングの次は、水分補給を怠らないようにしましょう。

というのは、酵母菌が糖をエサにして食べてくれる・・・つまり、酵母の効果を発揮させるには水分が必要なのです。

 

つまり、酵母菌は十分な水分がなければうまく働くことができなくなります。

なので、カメヤマ酵母を食後飲むとともに水分補給が必要なのです。

 

でなければ、便秘になる場合があります。

よく、「カメヤマ酵母を飲むと便秘になる」というクレームじみた口コミ投稿を見かけたりしますが、これは、体内に水分が不足している状態だからです。

酵母は水を材料にして働くので水分補給を怠ってはダメなんです。

では、次に、1日にどれだけカメヤマ酵母を飲めば良いのか?

これについて紹介しますね。

 

1日どれだけのカメヤマ酵母を飲めばベストなの?

カメヤマ酵母の飲み方を決めている女性

カメヤマ酵母は1日に2袋から3袋飲むことを推奨されています。

これは、早く実感したい方は、3袋だということですね。

 

そして、初めてカメヤマ酵母を飲む場合は、2袋から効果の度合いを試しながら飲むことをおすすめします。

 

飲む期間は、2、3日、飲んでもおそらく分からないと思います。

なので、3週間以上続けることが必要ですね。

 

2袋飲んでみて・・・その結果、「何も変わらない」・・または、「実感出来た!」

というように、人それぞれ、個人差があるから、それを試してみるということです。

 

そして、2袋では効果が無いと感じたら、3袋へと増やしてゆくことがベストですね。

 

私の飲み方は、通常1袋で糖質を多く摂った時は3袋飲む

その日に合わせた飲み方をしている女性

私の飲み方を紹介しますね。

私の場合、今は、ダイエット中なので、糖をあまり摂らないようにしています。

 

その場合、カメヤマ酵母は全く飲まないときもありますが、通常1袋飲みます。

それも、夕食後ですね。

 

朝や昼はダイエット中ということなので、ガッツリな食事をすることは少ないです。

 

でも、朝と昼が少食になると、どうしても、夜は炭水化物を食べたいので、食べた後にカメヤマ酵母を1袋〜2袋飲むようにしています。

また、「今日は、ラーメンを食べるぞ・・・糖を多く摂るぞ!」

 

と思ったときは、1日に3袋しっかりと飲みますね。

このように、糖の摂取量に応じてカメヤマ酵母の量を調整しています。

 

それから、仕事をしていると、飲み会や食事会があるので、このときは、しっかりと3袋飲むように決めています。

 

カメヤマ酵母1包で茶碗一杯分(約200kcal)

カメヤマ酵母1袋とご飯1膳

カメヤマ酵母は1袋に2g入っていますが、この1袋でお茶碗1杯分のカロリー消費をしてくれます。

お茶碗のサイズですが、子供茶碗ではなくて、普通の茶碗なので、1膳分約140gです。

 

その1膳分のご飯の消費量ですが、200kcalぐらいです。

そこで、何だ200kcalしか消費出来ないのか。

 

と思われますが、この200kcalをウォーキングで消費するには、どれだけ歩かなきゃならないのかご存知でしょうか?

約1時間ですね。

 

それをもう少し細かく計算するには、METS(Metabolic equivalents)の計算式を使います。

 

消費カロリーを求める

メッツの単位(座っている状態と歩いている状態)

METSとは、身体活動の強さを表す単位です。

 

例えば、安静状態で座っているのが、1METSで、ゆっくりと歩いている状態では2METSだということです。

 

そして、体重☓運動時間☓METS☓1.05=消費カロリー

という計算式で求めます。

 

例えば、体重55kgの人が1時間ウォーキング(3.8METS)をした場合は・・・

55☓1☓3.8☓1.05 =219.5kg

のカロリー消費になります。

 

50kgの体重の方だったら、50 × 1 × 3.8 × 1.05 = 199.5kcal

ということですね。

 

しかも、100mを1分で歩く速度(時速6km)なので、早足ウォーキングでなきゃ上記のカロリー消費は出来ないようです。

 

1分に100m進むとなると、結構、早く歩かなきゃダメですね。

 

ちなみに、普通歩いている速度は、100mを90秒(時速4km)ぐらいなので、ウォーキングすることで、額にうっすらと汗をかくぐらいになります。

 

これを考えると、運動でカロリーを減らすのも結構たいへんですね。

 

参考:国立健康・栄養研究所 「改訂版『身体活動のメッツ(METs)表』」
http://www0.nih.go.jp/eiken/programs/2011mets.pdf

 

1日の摂取カロリーを意識してカメヤマ酵母を飲む

消費カロリーと摂取カロリーがシーソーで表している図

では、次に、どのようにしてダイエットするのかを考えて行きましょう。

ダイエットは、摂取エネルギーと消費エネルギーの差し引きで決まります。

 

つまり、食べることによって、栄養分を蓄えたりしてエネルギーを摂取することと、消費する・・・つまり、体を動かしたりするエネルギーです。

 

この2つのバランスが同じだったら、太ることも痩せることもしない状態ですね。

でも、摂取エネルギーが消費エネルギーを上回ると、肥満になるということです。

 

そこで、カメヤマ酵母でうまく消費カロリーをコントロールしてダイエットにつなげるということです。

 

カメヤマ酵母の飲む量を考える

厚生労働省の基礎代謝量表

厚生労働省の基礎代謝量

 

カメヤマ酵母は、1箱30袋入りなので、1日2袋飲むと半月で消費します。

なので、1ヶ月では、2箱(60袋)必要です。

 

この、1日2袋で約400kcalの消費が可能になるということですが、まず、先ほどの摂取カロリーと消費カロリーを考えてうまく痩せる方法を考えて見ましょう。

 

厚生労働省の基礎代謝量を見ると、18歳〜69歳までの平均値でおおよそ、1日に1140kcalです。

 

この基礎代謝量は、何も活動しない状態でも生命を維持するために使用するエネルギーのことです。

 

つまり、PCのスリープ状態や電化製品の待機電力のようなものですね。

それで、1日に1140kcalの基礎代謝量で考えると・・

 

次は、生活活動代謝と食事誘発性熱産生ですね。

 

生活活動代謝とは・・

 

生活活動代謝とは会社に出勤して仕事をしたり、食事の準備をするなど、生活活動によって、消費するエネルギーのことを言います。

 

食事誘発性熱産生とは・・

 

食事をする行為もエネルギーを使います。

つまり、食べると消化器官で分解したり代謝したりしますが、熱が必要になります。

 

その時の使う熱はカロリーで消費カロリーの1つなのです。

 

生活活動代謝と食事誘発性熱産生は約500kcalと言われています。

よって、先ほど女性平均の基礎代謝量1日1140kcallにプラスします。

 

基礎代謝量1140kcal+生活活動代謝+食事誘発性熱産生が500kcalぐらいなので、=1640kcal

この、1640kcalよりも、多く活動して1640kcalを超える数値になると超えた数値分減少(痩せる)ということです。

摂取カロリー < 消費カロリー = 減少

 

 

また、1640kcalを下回る活動量では、増加(太る)するということです。

摂取カロリー > 消費カロリー = 増加

 

 

では次に、体内に供給する摂取カロリー(食事で得るカロリー)を考えてみます。

例えば、1日の食事のメニューを下記だとすると・・

1日の食事 食事メニュー カロリー カロリー合計
朝食 食パン(8枚切り)☓2枚

コーヒー(150ml)

238kcal

6kcal

244kcal
昼食 スパゲティナポリタン
緑茶
710kcal

2kcal

712kcal
夕食 ハンバーガー
コーンスープご飯1杯
511kcal
172kcal
252kcal
935kcal
      1891kcal

3食の摂取カロリーの合計が1891kcalになります。

そこで、

「摂取カロリー」を「消費カロリー」で引いてみると・・・

1891kcal-1640kcal=251kcal

つまり、251kcalオーバーになります。

 

摂取カロリー > 消費カロリー

 

このオーバー分を、カメヤマ酵母2袋飲むと、約400kcalなので、

400-251=149cal

149calの減になります。

これは、1つの例ですが、このような算出方法を使ってダイエットに挑めば、間違いなく成功するということです。

 

また、おおよそで1日の消費カロリー(基礎代謝量を含めた)知る場合は、体重☓30=1日の消費カロリーです。

 

例えば、体重50kgだったら、50kg☓30=1500kcalになります。

 

カメヤマ酵母を激安で買う

カメヤマ酵母の8000円と2625円

カメヤマ酵母の飲み方や飲むタイミング、そして、食事の種類や量などの摂取カロリーを把握することによって、効果的にダイエットすることが可能だということがおわかりになったと思います。

 

でも、カメヤマ酵母のお値段って高いと思いませんか?

 

1日2袋飲むとすると、2袋定期で初回だけ、8000円、2回目から割引でも9500円になります。

いくら、効果があると言ってもこのお値段は厳しいですよね。

 

そこで、半額で購入出来る半額モニターコースがあります。

まず、お安く酵母ダイエットを始めるのであれば、半額モニターコースが安いですよ。

 

それは、カメヤマ酵母1箱2625円です。

2袋飲むのであれば、5250円です。

 

また、MAXで3箱コースまで買えるので、3箱で7875円でゲット出来ます。

もちろん、にがりボトルも無料で付いてきます。

 

この、カメヤマ酵母のモニターコースは定期コースですが、初回がグッと安いので、やってみる価値はあると思いますよ。

 

下記、テキストリンクより、購入サイトへ移動出来ます。

→ カメヤマ酵母半額モニター(スマホサイト)←

→ カメヤマ酵母半額モニター(PCサイト)←

 

↓カメヤマ酵母の関連記事はこちら↓

カメヤマ酵母 評判は最安値の2625円で買える

カメヤマ酵母 安価で購入は半額モニターコース

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ