ロスミンローヤルは医薬品、副作用はどうなの?

 

シミに悩む女性

鏡をみると、最近、急にシミが増え出したようで、ショックを受ける人が多いようですね。

特に40歳代を超えたあたりから、シミは増えだします。

これは、年齢だから仕方ないということですが、あきらめないで対策をすれば、シミを目立たなくすることができます。

そこでおすすめするのが、アインズのロスミンローヤルですが、口コミなどで評判が高く、多くの人が使っています。

そして、ロスミンローヤルは医薬品です。
医薬品だから効果が実証されたものであり、その反面、副作用も考えられるのではないかと思います。

今回はロスミンローヤルの副作用と効果について述べていきたいと思います。

初回半額!\小ジワ・シミに/<ロスミンローヤル>

ロスミンローヤルはシミに効く医薬品

シミに悩むアラフォー女性ロスミンローヤルは、ほんとにシミに効くのですか?

今まで、シミ対策をしてこなかったので、後悔していますが、40を過ぎると、

これほど多くのシミができるなんて・・・

 

真剣になって聞くナースシミが急に出来るとショックですよね。でも、ロスミンローヤルは医薬品なので期待できますよ。

そもそも、医薬品は効果があると言う試験データを、国の厚生労働省に提出して審査の結果、認められたものなのです。

だから商品のパッケージにもシミに効くとか、しわに効果あると表示させることができるのです。

但し、誰でも効果があるというものではありません。

これは医薬品であっても、個人差というものがありますので、効かない人もいらっしゃると思います。

これだけは試してみるしか仕方ないですね・・

 

励ますナースでも、 ロスミンローヤルは シミだけではなく、小ジワにも効く医薬品としての第1号です。

第1号というのは、国内で初めて小ジワに効く医薬品として認証されたということです。

それに、ロスミンローヤルは 9種類の生薬成分と22種類の有効成分が配合されているので、体の内側から 血行良くしたりして、シミができる原因である紫外線からの悪影響を改善してくれるのです。

まず、試してみるほうがいいと思いますよ。

 

副作用が気になる女性でも医薬品というのは、副作用があったりするんじゃないの?

サプリメントは副作用がないのでいいのですが、効かないということがあるようです。

だからといって、医薬品だったら効くのは分かるけれど、副作用があるって言うのもどうかなと?
思ってしまうのですね・・・

 

ドクターを紹介するナース医薬品の副作用についてですね ・・これについては、ドクターから説明してもらいましょうか

 

ロスミンローヤルの副作用

男性ドクターロスミンローヤルの副作用ですか・・
副作用に関しては、ロスミンローヤルは医薬品ですが医薬品には3つの種類があります。

その中で比較的、緩やかな医薬品なので副作用の心配はほぼ無いと言っていいと思います。

但し、副作用を防ぐためには守らなければならないことがあります。

それは・・

1)妊娠中や授乳中の服用ですが、問題無いと思いますが、 まず担当医に相談してから服用してください。

2) ロスミンローヤルの服用は1日に9錠ですが、9錠を1回で飲むのではなく、3回に分けて3錠づつ食後に飲むようにしてください。

また、 飲み忘れた場合は、 その分を差し引いて服用してください。

例えば、朝食後の1回分を飲み忘れた場合、朝食分と一緒に昼食分を足して飲むのではなく、昼食後に3錠、夕食後に3錠(合計6錠)にしてください。

理由は、一度に6錠飲むと過剰摂取になるので 胃腸障害になり、副作用のリスクが高まりるからです。

3)服用は食後30分以内を守って下さい。

食前に飲むと胃を荒らす可能性があります。
もちろん、過剰摂取をしても効果はありません。

適量を守ってください。
ロスミンローヤルの、服用に関しての用法とか商品の説明書に書いてある注意書きを守っていれば問題ありません。

 

ドクターの説明を受けて安心した女性そうですか、これで少しばかり安心しました。
ところで、ロスミンローヤルですが、どのような成分が働いてシミを目立たなくするんでしょうか?

 

 

 

ドクターからの詳しい説明

そうですね・・
ロスミンローヤルの成分を見てみると、シミやシワに効果を発揮する成分として、L-システインとアスコルビン酸が配合されています。

これが、メラニンの生成を抑える働きをして、シミやシワを防ぐということですが、 L-システインはお肌の新陳代謝を促す働きに期待できますね。

そして、L-システインとアスコルビン酸は、サプリメントにも使われていますが、 医薬品に配合されているものは、効能効果を表示できることから質の高いものを使っている場合が多いですね。

アスコルビン酸は、 ビタミンcとも呼ばれていて 、抗酸化に働くのが特徴で、体が酸化することによって、老化を加速させるのを食い止めてくれるという働きをします。

そして、9種類の生薬にはローヤルゼリーとかシャクヤクなどの天然素材が含まれているますね。
この生薬の役目は、血行を良くする働きをして、肌の新陳代謝の遅れを取り戻すことをめざします。

この新陳代謝が高まることによって、すでに受けてしまったお肌のダメージを改善させることもでき 、紫外線からの肌のトラブルから守ってくれるのです。

さらに、冷え性や肩こりなど、身体全体を正しく修正してくれる働きをします。

よって、ロスミンローヤルの成分から考えると、体の内側から血行を良くして代謝を促して、 すでに潜んでいる隠れジミを退治してくれるということです。

それで先ほど、ロスミンローヤルは第三種医薬品なので、副作用の心配はほぼ無い医薬品だと言いましたが、これについて詳しく述べていきたいと思います。

ロスミンローヤルは副作用のリスクが低い第三種医薬品

第3類医薬品のロスミンローヤル

ロスミンローヤルは第三種医薬品です。
この医薬品についての種類を説明すると・・・

医薬品には、1)要指導医薬品、2)第1類医薬品、 3)第2類医薬品、4)指定2類医薬品、 そして、5)第3類医薬品があります。

これらは、 副作用のレベルによって分けられています。

1)要指導医薬品は、薬剤師と対面して指導を受けて購入しなければならないということが義務付けられています。

2)の、第1類医薬品も薬剤師の指導を受けて購入して下さい。

3)第2類医薬品は、第1類医薬品以外のものですが、これも日常生活に支障をきたす副作用が考えられる薬です。

4)の、指定2類医薬品は、 第2類医薬品ですが特に注意が必要とされるものです。

5)の第3類医薬品は、 比較的日常生活での異常をきたすほどの副作用が少ないものを指します。

ロスミンローヤルは、5)の、第3類医薬品なので、比較的副作用が少ないと言えます。
と言っても医薬品なので、用法などは守る必要があります。

 

第1類医薬品 第2類医薬品 第3類医薬品
薬剤師 対応必要 対応は努力義務 不要(法的制限なし)

現在、薬剤師からの対面販売が義務付けられているのは、要指導医薬品と病院での処方箋で購入する薬( 処方薬)だけです。

これは、2014年6月12日に施行された薬事法からは第1類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品ともにインターネットで販売が可能になりました。

↓ロスミンローヤルの購入はこちら↓


↓ロスミンローヤル関連記事はこちら↓

ロスミンローヤル 評判はアットコスメ

ロスミンローヤルとAGEST、あなたはどっち?

ロスミンリペアクリームで小ジワを解消!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ