報道ステーションアグリ生活から販売されている、グラシトールは、血糖値対策サプリメントと言うことで、口コミで評判が良いようですが、私が始めて知ったのは、テレビ朝日で放送していた「報道ステーション」と言う番組です。

放送された日を調べてみると、2010年の10月14日の夜10時頃でした。

あれから、5年経っていますが、まだ、アイスプラント(ツブリナ)という野菜は、ポピュラーではないようですね。

でも、イトーヨーカドーや平和堂などの大型スーパーマーケットでは、普通に売られているようです。
その、アイスプラントですが、糖が気になる、血糖値対策に威力を発揮するのです。

これは、アイスプラントに含まれている、ピニトールと言う天然の物質がGULT4(糖輸送担体)を活性化させて、ブドウ糖を筋肉に運び、骨格筋のエネルギーとして取り込む働きをします。
つまり、植物性インスリンなのです。

↓グラシトールの公式販売サイトはこちら↓
あの野菜のサプリがすごいって!?糖のお悩みに
グラシトール

ピニトール効果はグラシトール

グラシトールアイスプラントに含まれているピニトール(イノシトール)効果をサプリメントにしたのが、グラシトールです。

グラシトールを6粒飲むだけで、ピニトール300mg摂ることが出来るのです。

では、糖対策するのは、どれだけの、摂取量が必要かと言うと・・ピニトールは1日に180mg~1200mgの範囲内が推奨されているので、グラシトール6粒で対策出来るということになります。

ちなみに、食事でピニトールを補うとなれば、豆乳で約800ml、ルイボスティーなら。約100杯、大豆は約500粒ほど食べる量に値します。

これって、毎日なので、物理的に不可能ですね・・

糖尿病対策は食事と運動をすることが基本ですが、グラシトールで改善することも大いに期待出来ると思います。
お試しする価値は十分ありますね。

アグリ生活の通販

グラシトールを販売しているのが、アグリ生活という通販サイトですが、会社名は、日本アドバンスアグリ株式会社です。
所在地は、滋賀県長浜市にあり、平成18年4月に設立し、長浜バイオ大学と産学共同研究を開始しています。

最初は、機能性レタスの開発・研究を行い、植物の光合成の研究でポリフェノールを強化したレタスを製品化して、その後、経済産業省の農商工連携事業者として認定されて、平成21年11月に植物工場でアイスプラントを完成させています。

そして、アグリでは、独自の優れた照射技術でピニトール効果を高めています。

HEFLによる照射技術でピニトール効果を高める

アイスプラントの植物工場まず、無農薬でアイスプラントを育てています。

これは、完全密閉型の植物工場だから出来ることですが、天候や害虫に影響されないことです。

また、計画通りの品質の良い野菜を栽培することが出来るのです。

そして、アグリでの、研究・開発によっての、光合成によるものですが、自社開発したHEFL照明技術という特殊な照明をアイスプラントに照射して、ストレスを与えることによって、ピニトール、βカロテン、ビタミンKなどの栄養を豊富に含ませることが可能になるのです。

これにより、自生しているアイスプラントと比べて約30倍の栄養を含ませることが出来るのです。

これは、野菜工場の照明の波長制御と空調制御、そして、水耕栽培の養液技術をコントロールすることによって、栄養価を高めるという仕組みです。

また、HEFLは、ハイブリット電極蛍光ランプといって、大型液晶テレビのバックライトにも応用されています。

このライトを植物の芯に均一に照射することで、効率の良い植物を育てることが出来ると言うことです。

もともと、アイスプラントは南アフリカでの砂漠に生育している多肉植物なので、生育での厳しい環境に於いて順応する力が他の植物よりも強く、この植物の性質を利用(ストレス負荷栽培)することと、HEFLの照射技術によって、ピニトールを多く含ませた、グラシトールを完成させることが出来るのです。

このように、アイスプラントに含まれているピニトールですが、糖尿病の治療に使われている、インスリン分泌促進剤のような、極端に低血糖にさせないところが優れていると言えます。

ピニトールは、植物性インスリンと言われているとおり、自然に血糖値を穏やかにさせる力が口コミで伝わり、評判を呼んでいます。

糖が気になるあなたに、まず、おすすめしたいのは、グラシトールです。

↓アグリ生活のグラシトールの詳細はこちら↓


↓グラシトールの関連ブログ記事はこちら↓

グラシトールの成分と副作用

血糖値を下げる グラシトールは植物性インスリン効果

グラシトール 効果をみる

グラシトール 口コミで評価あり!

グラシトール 楽天で販売していますが、最安値は?