アイスプラント血糖値が高くて気になる方に朗報です。
グラシトールというサプリメントで血糖値対策をしてはいかがでしょう。

何だ、サプリメントで血糖値を下げる効果なんてあるの?
・・と思われる方がいらっしゃると思いますが・・・

グラシトールは、今、話題の植物性インスリン・・つまり、ピニトールが含まれているサプリメントです。
この、ピニトールは、マメ科の植物で、アイスプラントという植物に多く含まれています。

その、ピニトールは、糖の細胞へ入り込み、インスリンの感受性をアップさせる働きをもっています。
このことから、血糖値の改善効果に期待されるようになったのです。

血糖値を下げる働きがあれば、糖尿病対策も可能になります。
ブドウ糖の巡りをスムーズ化して、血糖値を下げることで、糖尿病の合併症予防にも大いに期待出来ます。

そして、私達の身体には、糖の取り込む機能をコントロールしている、GLUT4(糖輸送担体)がありますが、この、GLUT4を活性化させる働きをするのが、グラシトールに含まれているピニトールです。

↓グラシトールの公式販売サイトはこちら↓


グラシトールの成分

植物性インスリン、アイスプラント植物性インスリンのピニトールですが、原料のアイスプラントには、大豆の8.5倍ルイボス茶葉の30倍以上も含まれています。

これは、世界の保険期間も認めており、米国食品医薬局(FDA)では、ダイエタリーサプリメントとして、認定されています。

グラシトールは、このアイスプラントを濃縮させたサプリメントです。

そして、発売と同時に、リピート率が94%にも高まった優れものなのです。
しかも、グラシトールは、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、そして、亜鉛もプラス配合されています。

これらの、成分の働きは、糖質対策から、脂質対策、そして、活力をサポートするので、血糖値を下げるだけではなく、メタボ改善と元気成分の総合的な優れた働きに期待出来ます。

グラシトールの飲み方は、毎日6粒を目安にお水やお湯で飲むだけです。
これで、300mgのピニトール・・つまり、植物性インスリンを補給することが出来るのです。

毎日の植物性インスリンの補給量の基準は、1日180mgは必要だと言われているので、グラシトール6粒で、インスリン対策は問題無く出来ると言うことになります。

ピニトールは肝臓にも良い

肝臓の機能グラシトールに含まれている、血糖値を下げるピニトールですが、肝臓にも良いことが分かってきました。

それは、肝臓を守っている、グルタチオンを活性化させる働きがあるのです。

グルタチオンの働きは、肝臓を酸化させない(抗酸化作用)ようにしているのです。

酸化させるのは、悪玉活性酸素ですが、これを、グルタチオンが酸化しないように戦っているのです。

その、グルタチオンを更に強化させるのが、ピニトールです。
また、肝臓は、アルコールなどの解毒をしている臓器です。

この、アルコールなどの解毒にもピニトールの力が入って、より、肝臓を強化させる働きをします。

このように、ピニトールは、血糖値対策から、糖尿病、そして、合併症を予防し、肝臓にも優れた効果に期待出来ます。

グラシトールは、これらの、ピニトール効果を余すこと無く発揮させるサプリメントです。
まさに、生活習慣病の予防に働く、グラシトールを一度お試し頂ければと思います。

↓グラシトールの詳細はこちら↓


↓グラシトールの関連ブログ記事はこちら↓

グラシトール 効果をみる

グラシトール 口コミで評価あり!

グラシトール 楽天で販売していますが、最安値は?