プラスされた成分効果が知りたい男性

「ためしてガッテン」の糖尿病対策として、菊芋に含まれている「イヌリン」は血糖値を下げる効果があるということで紹介されていました。

その、イヌリンを配合させたサプリメントが「ルックルックイヌリンプラス」ですが、イヌリン以外に、どのような成分が含まれていて、どのような方法で血糖値をサポートするのかを紹介したいと思います。

(主成分、イヌリンの効果に関しては「ためしてガッテン イヌリンが糖尿病を防ぐ!」をご覧下さい)

今、菊芋をパウダーにしたものが売られていますが、ルックルックイヌリンプラスは、イヌリンだけではなく、サラシアや玉ねぎ、納豆、そしてヨーグルトまで、配合されています。

これらの成分は、なぜ含まれているのか?
その成分効果は何なのか?

今回は、ルックルックイヌリンプラスの成分が、どのような働きをするのか詳しく述べてきたいと思います。

ルックルック イヌリンプラスの特徴

ルックルックイヌリンプラス

まず、ルックルックイヌリンプラスは、糖が気になる方にサポートするサプリメントですが、イヌリンという食物繊維が糖対策をしますが、それに加えて、プラスされた成分が相乗効果となってサポートします。

その仕組みは、サプリメントの基本である、食事で血糖値を改善することと同じだということです。

イヌリンは多糖類の一種で水溶性食物繊維です。

その特徴は、多糖類なのに体の中で、分解吸収しないという性質があり、小腸では水分を吸収してカサを大きくして糖を抱え込む性質をもっています。

つまり、糖をできるだけ吸収させない働きをします。

そして、小腸から大腸に進んだ時にフラクトオリゴ糖に変化し、ビフィズス菌のエサとなって腸内環境を整えます。

そこで、血糖値対策になるということは、腸内環境を整えることによって、インスリンを分泌させるスイッチとなるものを活性化させるということです。

これによって、食後の血糖値が高くなる前に、インスリンの分泌が行われるので、血糖値対策になるということです。

さらに、ルックルックイヌリンプラスは 下記の成分がプラス配合されています。
1)玉ねぎ、2)納豆、3)ヨーグルト、4)ビフィズス菌、5)サラシア、6)桑の葉、7)菊芋

これらの成分素材が糖対策として相乗に働くので、比較的早く効果を発揮します。
では次に、ルックルックイヌリンプラスにプラスされた成分を説明しますね。

↓ルックルックイヌリンプラスの公式通販はこちら↓
業界初・糖をトリプルサポート!イヌリンプラス

糖が気になる方が進んで食べているのが「玉ねぎ、納豆、ヨーグルト」

3大糖尿病食グラフ

血糖値が高いと知った時と言えば、健康診断だと思います。
その健康診断の結果表を見てみると、 「血糖値が高い」となると・・

再検査を受けて、対策をすることになりますが、糖尿病予備軍と呼ばれる段階では、まだ糖尿病になってはいないレベルなので、食事療法と運動療法の指導を受けることになります。

その時に、血糖値対策として、何を食べれば良いのか?

という質問に対して医師が決まって言うことは、「玉ねぎと納豆そして、ヨーグルトを意識して食べてください。」と言われます。

つまり、糖が気になる人が積極的に摂りたい食材のベスト3が玉ねぎ、納豆、ヨーグルトなのです。
ルックルックイヌリンプラスには、これらの糖対策ベスト3の食材が含まれています。

では次に、ベスト3の食材がなぜ、糖対策になるのかを述べていきたいと思います。

玉ねぎに含まれている「イソアリイン」がインスリンの働きを促す

玉ねぎを切って涙をながす女性

玉ねぎを切ると涙が出てきますよね。
この涙が出るのは、イソアリインという物質の仕業なんです。

と言っても、血糖値を下げてくれるので、優れた働きをするということです。
イソアリインは、含硫アミノ酸で解毒作用が強力にあります。

また、玉ねぎといえばケセルチンとアリシンが含まれています。

ケセルチンはポリフェノールの一種で抗酸化作用があり、脂肪を分解する酵素に働きかけるので、ダイエットにも効果があります。

そして、アリシンは、血液をサラサラにさせる血栓溶解作用があります。
このように、玉ねぎには3つの優れた効果が期待できますが、食べる時には、水で洗わないことが重要です。

いちばん良いのはそのまま生で食べる。
生で食べるのが厳しい場合は加熱して食べるようにしましょう。

それで、水で洗ってはダメな理由は、最も大切な、インスリンの働きを促す、イソアリインが流れ出してしまうからです。

生で食べるとなると、にがくてちょっと厳しいと思いますが、 薄く切ることで食べやすくなります。

ルックルック イヌリンプラスは、北海道産のストロング玉ねぎを 、水にさらすことなく独自の特許製法で100%抽出することに成功しました。

納豆のレシチンとサポニンが血糖値を下げる

納豆の栄養分を評価する男性

ネバネバ成分の納豆ですが、レシチンとサポニンが含まれていて、これがインスリンの働きを強化し血糖値を下げる働きをします。

私たちの体の中には細胞が存在しますが、その細胞を取り巻いているのが細胞膜です。
この細胞膜は、レシチンなどで構成されているのです。

よって、レシチンが不足すると、 細胞膜からの栄養を吸収するパワーが下がり、インスリンを作ることができなくなってしまいます。

よって、レシチンを補給することによって細胞膜のパワーアップをはかることが出来るのです。

サポニンは、直接に血糖値を下げさす効果が医学的に証明されています。

多く含まれているのは、納豆だけではなく、田七人参や大豆にも含まれています。

そして、血糖値を下げる効果だけではなく、血流の促進や免疫力を高めたり、コレステロール値の正常化など、多くの働きに期待できます。

ヨーグルトに含まれている「ホエイ」が血糖値対策をする

ホエイを説明する男性

ヨーグルトのパッケージを開けると、表面の部分に液体のようなものが溜まっていますね。
これが「ホエイ」というもので乳酸菌発酵液です。

このホエイが血糖値を下げる働きをするのです。
ホエイには水溶性のタンパク質やビタミン、ミネラルなど、多くの栄養素が含まれています。

そして、すい臓のベータ細胞を刺激させてインスリンの分泌を促す「GLP−1」という 消化管ホルモンがホエイに含まれています。

よって、食前にヨーグルトを食べていると、食後の血糖値の上昇を抑えることができるということです。

特に炭水化物を食べる前にヨーグルトを食べると効果的です。

さらに、ヨーグルトにはプロバイオテックスというものが含まれているので 、整腸作用はもちろん、腸からの糖を吸収するのを抑制する働きもします。

また、ヨーグルトにはビタミンKが含まれているので、インスリンの抵抗性を改善することも期待できるのです。

これが、糖が気になる方が進んで食べている「玉ねぎ、納豆、ヨーグルト」の糖対策の食材になります。

サラシアは糖をブロックする

サラシアのハーブ

血糖値対策としてサラシアが使われているサプリメントは多くあります。

小林製薬のサラシア100、富士フイルムのメタバリアS、そしてサラシアプラスなどですが、サラシアはインドやスリランカに自生しているハーブです。

そのハーブの根っこの部分にサラシノールやコタラノールが含まれていて、これが糖をブロックするということです。

具体的には、炭水化物などを食べると、糖質はアミラーゼという酵素によって多糖類に分解されます。

そして、腸内でα-グルコシターゼという酵素が単糖類に分解して吸収されます。
サラシアの働きは、腸内でα-グルコシターゼが分解することを阻害させる働きをします。

これにより糖は分解されないので、血糖値は上がることがないと言うことです。

桑葉のDNJがブドウ糖を分解するα-グルコシターゼと結びついて糖の吸収を阻害する

桑葉のイメージ

ルックルック イヌリンプラスの、桑葉エキスには、DNJ(1-デオキシノジリマイシン)が多く含まれていて、これが血糖値の上昇を抑える作用をします。

その仕組みは、DNJはブドウ糖の化学構造とよく似ており、糖分解する過程においてα-グルコシターゼ酵素はブドウ糖と間違ってDNJに結合してしまい、実際の糖を分解することができなくなってしまうということです。

この効果を狙ったのが、桑葉エキスの血糖値を上昇させない仕組みです。

そして桑葉には、食物繊維や、鉄分、カルシウムなど豊富な栄養成分が含まれており、特に、カルシウムは小松菜の1.5倍もあります。

ルックルック イヌリンプラスの成分効果のまとめ

イヌリン 菊芋に含まれているイヌリンは、小腸で水分を吸収してカサを大きくして糖を吸収させない働きと、大腸でフラクトオリゴ糖に変化し、ビフィズス菌のエサになって、腸内環境を整え、インスリンの分泌作用を促す。
玉ねぎ 玉ねぎはイソアリインがインスリンの働きを促進して血糖値を下げる
納豆
(ナットーキナーゼ)
納豆に含まれている、レシチンは細胞膜のパワーアップをはかって、インスリン分泌を効果的に行う。
そして、サポニンは直接に血糖値を下げる働きがある。
ヨーグルト
(乳酸菌)
ヨーグルトに含まれている「ホエイ」は乳酸菌発酵液で、GLP−1という消化管ホルモンが含まれていて、これが、食後の血糖値の上昇を抑える
サラシア 食後、糖が腸内で最終的に分解される、α-グルコシターゼ酵素を阻害することで血糖値の上昇を妨げる。
桑の葉 血糖値上昇を抑える、DNJ(1-デオキシノジリマイシン)が多く含まれているので、血糖値を上昇させない働きをする。

ルックルック イヌリンプラスに含まれている多くの成分がいろんな角度から血糖値の上昇を抑制するという働きをします。

今、糖の対策をお考えの方は、いつでも解約可能な定期コースを試してみてはいかがでしょう。

↓ルックルック イヌリンプラスの詳細・通販はこちら↓
ルックルックイヌリンプラス

↓ルックルック イヌリンプラス関連記事はこちら↓

ためしてガッテン イヌリンが糖尿病を防ぐ!

グラシトールとイヌリン どっちが血糖値を下げる!