お腹が痛くないお腹が痛くならない便秘薬と言えば、リズムハーブsです。
なぜ、お腹がいたくならないのか?

というより、便秘薬でお腹が痛くなったりしませんか?
私の場合、便秘薬を飲むと、よく効くんですが、決まって腹痛が伴います。

ひどい時は、のたうち回るほど、痛くて、気持ち悪くて、しかも、トイレで長時間こもったり、数分置きにトイレへ向かいます。

このような、ことが続くと、もう、便秘薬は身体に良くないということが、分かってきますよね。

とは言っても、便秘薬を飲まないと、何日も出ない状態が続くので、何か他の便秘薬を探してみることにしたのです。

それで、見つけたのが、リズムハーブsという、漢方処方の便秘薬(医薬部外品)です。
これは、お腹が痛くならない便秘薬なので、取りあえず飲むことにしました。

↓リズムハーブsの公式販売サイトはこちら↓


リズムハーブsはお腹が痛くならない

リズムハーブsですが、市販の便秘薬とは違った働きをするので、お腹が痛くならないと言うことですが、これの、効果というか、働きというのは、天然の食物繊維である、サイリウムハスクが含まれているので、その働きが宿便や溜まっている便を押し出してくれて排泄させます。

saina

でも、リズムハーブsは便秘薬ですが、即効性が無いことです。
だから、今日飲んだからと言って、今日、お通じが良くなるというものではありません。

ここが、市販の便秘薬と違っている点です。
市販の便秘薬は、対処療法なので、腸に溜まっているものを全て強制的に排泄させます。

よって、便秘薬を飲めば、すぐにでも効果がで始めます。
このように、強制的に排泄させるので、お腹が痛くなるんです。

しかも、腸の中には、善玉菌も活動していると思います。
でも、便秘薬や下剤は、そんなの関係無しに一掃させてしまうので、それが、身体に良くないと言われているのです。

リズムハーブsは、そのようなものとは全く違う便秘薬です。
そして、リスムハーブsは、根本的に腸内環境を改善させるという目的の便秘薬なのです。

よって、ひどい便秘の方は、今まで飲んでいる市販されたものや処方された便秘薬と併用して飲むことをおすすめします。

そして、リズムハーブsを飲んで行き、状況に応じて市販の便秘薬を少なくしていって、リズムハーブsだけにすることです。

じっくり、時間をかけてリズムハーブsを飲んで行けば、体質になっている、慢性便秘が解消されるようになります。

リズムハーブsの効果となる前兆は?

リズムハーブsパッケージリズムハーブsの飲み方は、1袋をコップに入れて、お水と混ぜ合わせて飲みます。
これを、1日、2袋、朝と夜、2回飲むのが適量です。

そして、効いてくるのは、個人差がありますが、早くて3日から7日ぐらい経ってからです。

その時に、ガスが溜まったり、お腹がゴロゴロと鳴り出したり、おならが頻繁に出始めることがありますが、これは、腸の中の有害物質を掃除していると思って下さい。

そして、良くなる前兆なのです。
腸内でぜん動運動を促したりしているので、ガスが発生したり、滞っていた、老廃物を生薬のサイリウムハスクが押し出しているのです。

そして、驚かれると思いますが、今まで見たことの無いような便が出る場合があります。
真っ黒なカチンカチンの硬い異臭のする便やひも状の長い便などが出たりします。

これらは、長く腸に溜まっていた便なので、これが、出るようになると、回復に向かっているということです。

このような、前兆があると思いますが、それを過ぎるとスッキリ感を体験することになります。

その、スッキリ感は、市販の便秘薬とは全く違ったお通じです。
自然と、便意を催すお通じになるので、スッキリ感がとても、心地よく感じると思います。

もう、便秘は市販の便秘薬ではなく、お腹が痛くならない便秘薬のリズムハーブsをお試し下さい。

↓リズムハーブs詳細はこちら↓


↓リスムハーブsと同じ、サイリウムハスクを使っている、格安な、イサゴールもご覧下さい。↓



↓便秘薬の関連ブログ記事はこちら↓

便秘は下剤に頼らない「リズムハーブs」の効果