親から責められる子供のこと

妊活を考えているあなた・・ベジママとベルタ葉酸、「いったいどっちがいいの?」
ということで、違いを紹介します。

結婚して、2年が経ち、盆や正月に実家に帰ると、きまって「子供はまだか?」とプレッシャーをかけてくる両親・・・これって、子供は授かりものなので、思うようにならないですよね。

毎回、実家に帰るとストレスを感じてしまいます。
でも、そろそろ子供は欲しいと感じている・・

そこで、基礎体温を記録したり、葉酸を飲むと妊娠しやすいと言われているのでベルタ葉酸を飲んではいますが、それよりベジママの方が妊活には良いと口コミで見たりして・・

「ベジママとベルタ葉酸、妊活はどっちがいいの?」
このように迷っている方に、ベジママとベルタ葉酸を比較して分かりやすく違いをレポートしました。

効率の良いサプリメントの働きで、早く妊娠することを応援します。

妊活目的で葉酸飲みますか?

葉酸を勧める女医

妊娠することを目的として飲まれているのが、葉酸ですね。
今、よく売れている、ベルタ葉酸サイトには妊活にも良いように書かれています。

また、実際、レディースクリニック(産婦人科)を営んでいる院長のブログやサイトでも妊活には葉酸が良いと記載されています。

具体的には、葉酸は子宮内膜を強化したり、着床を効率化する働きがあると言い切っているサイトもあります。

このように、はっきりと妊娠するには葉酸が威力を発揮すると医者が言っていることなので信じますよね。

でも、葉酸は、妊娠した方が飲むものなのです。
そして、お腹の赤ちゃんの栄養を確保するために必要なものです。

葉酸は、ほうれん草などから抽出した水溶性ビタミンB群の一種でタンパク質の合成をおこなったり、赤血球を作る働きをします。
これが、生まれてくる赤ちゃんに必要なものです。

と言っても、妊活には全く必要無いものではありません。
もちろん、妊活で飲んでも悪くは無いものなのです。

葉酸の成分は妊娠に近づける栄養素が含まれているそうですが、直接に作用するものではないように思います。

例えば、血行を促すこと1つとっても妊娠しやすい栄養素といえますね。

つまり、摂らないより摂った方が良いと言うことです。
私は、その程度のものだと思っています。

ただ、自分が妊娠していることを知らない人がいますよね。
何か体調が良くないので、産婦人科で診察を受けた結果、妊娠していたというケースです。

そのような方にとって、葉酸は妊娠前に飲んでいた方が良いということのようです。

また、妊活で葉酸を飲んで妊娠したという口コミも確かにありますが、葉酸サプリの売り込みをしているサイトがほとんどです。

つまり、葉酸サプリで妊娠したという記事について否定はしませんが、宣伝目的の口コミサイトに多く見かけるということです。

ベジママとベルタ葉酸の違い

どっちが良いか迷っている女性

ベジママとベルタ葉酸の違いですが、目的が違います。

ベルタ葉酸は葉酸サプリなので、先ほど述べたとおり、妊娠した方が胎児をすくすくと育てるための栄養成分です。

一方、ベジママは妊娠を促す目的で作られたものです。
つまり、妊活は葉酸よりも、ピニトールという成分の方が、より的確な作用に期待出来るのです。

これは、後で述べますが、PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)を改善する効果に期待出来る成分です。
もちろん、PCOSでは無い方にとっても、おすすめ出来ます。

それで、ピニトールですが、ビタミンB群の一種で血糖値をコントロールするので、糖尿病の方に注目されています。
そして、血糖値の異常ですが、不妊に大きく関わりあっているということです。

血糖値の異常と言えば、炭水化物や糖質を多く摂ることで、体は膵臓からインスリンが多く分泌されますが、これが、排卵に影響を及ぼす結果になるのです。

つまり、炭水化物や糖質を多く摂っている方に不妊症のリスクが高いということです。
これらは、生活習慣が関わりあっていて、特に炭水化物や糖質を多く摂る女性に多いのが特徴です。

よって、葉酸で血糖値をコントロールすることは不可能ですが、ベジママのピニトールがそれを解決してくれる可能性があるということです。

もちろん、不妊になる原因は、血糖値の異常だけではありません。
人によって、また、カップルによって何らかの原因があります。

でも、統計的に不妊症が多く発生している原因は血糖値の異常なのです。

ピニトールがPCOS(多嚢胞性卵巣症候群)を改善

超音波検査を受ける女性

ベジママはピニトール(カイロイノシトールの一種)という成分が主成分で、原料はアイスプラントという植物です。

この、アイスプラントに含まれているピニトールを補給すると、体内でカイロイノシトールに変化し、PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)を改善する効果に期待出来るということです。

これについての検証は確認されています。

と言うことは、PCOSの原因で不妊症になっている方にとって良いと言うことですが、妊娠出来ない人は全てPCOSではありませんよね。

でも、ある調査では、不妊症の20%ぐらい存在すると言われています。
よって、まず、多嚢胞性卵巣症候群の可能性を考えて超音波検査を受けるようにおすすめします。

超音波検査で多嚢胞性卵巣と判断されて、更に、1)排卵障害があること、2)黄体化ホルモン値(LH)が高い、3)男性ホルモンが高いと判断された場合、多嚢胞性卵巣症候群であると診断されます。

もし、自分が多嚢胞性卵巣症候群だと診断されても、ベジママに含まれているピニトールが血糖値の改善に働きかけるということです。

但し、ベジママは医薬品ではなく、健康食品なので治療するものではありません。
食事と同等のもので、飲み続けることで少しずつ改善を目指すものです。

このようなことを含めて、妊活のスタートは、医療機関で問題ないかをパートナーを含めて確認することをおすすめします。

葉酸とピニトールの働きの違い

ピニトール 葉酸
妊娠しやすくする体内環境を整える
妊娠した時に必要なもの

 

この違いですが、葉酸サプリが妊活に良いと言われる理由は、妊娠の可能性がある前に飲んでおけば、妊娠した時に良いということです。

これを、葉酸を飲むと妊娠しやすい体になると思って飲まれるケースが多いのです。

妊娠しない原因である、血糖値の異常やPCOSの可能性を考えると、ピニトール配合のベジママが断然適しているといえます。

但し、先ほど述べたように、ベジママもベルタ葉酸もサプリメントなので、不足しがちな栄養を補うというものです。
でも、妊活を始める方にとって、ベジママは大きな助けになると思います。

↓ベジママの詳細・購入はこちら↓
【マカ・葉酸を超える】新妊活サプリメント『ベジママ』

↓ベルタ葉酸の詳細・購入はこちら↓
妊娠中のママのための
☆ベルタ葉酸サプリ☆

↓ベジママとピニトール関連記事↓

ピニトールで妊活 ベジママでママ活する!

ピニトールで不妊症対策、それは血糖値

血糖値を下げる グラシトールは植物性インスリン効果

ベジママとグラシトール 妊活はどっち?